映画『ジュリエットからの手紙』を見て

映画『ジュリエットからの手紙』を見て
映画『ジュリエットからの手紙』を見ました。
イタリア・ヴェローナの美しい町並みと心に沁みる台詞の数々がとても素敵な映画でした。

おすすめ映画

    映画『ジュリエットからの手紙』を見て

     

    映画『ジュリエットからの手紙』を見ました。

    ストーリー自体は割とベタなんですが、イタリア・ヴェローナの美しい町並みと、心に沁みる台詞がとても素敵で、思わずほろっとしちゃうような映画でした。

    映画の余韻に浸るべく、ジュリエットからの手紙を語る上で欠かせない『ロミオとジュリエット』の関連作品も見てみたいと思います。

    『ジュリエットからの手紙』

    ジュリエットからの手紙』(原題: Letters to Juliet)は、2010年のアメリカ映画。

    ストーリー

    ニューヨークでライター志望のソフィーはニューヨーカー誌で働く調査員。イタリアンレストランのオープンに向け大忙しのビクターと結婚前の旅行でイタリア・ヴェローナに向かう。婚前のバカンスを楽しもうと期待するソフィだったが、ビクターはレストランのための食材探しに彼女を連れまわすばかり。その熱心 さのあまり、ついには彼女をひとり置いて出かける始末。ホテルに置き去りのソフィはヴェローナをひとり散策、「ジュリエットの家」を訪れる。そこで見た光 景は、一般観光客のほかに女性たちがなにか手紙を書いては家の壁に貼り付けている姿。怪訝そうにその様子を眺めていると一人の女性が現れて、今まで壁一面 に張られていた手紙を回収し立ち去っていくのだった。ソフィは思わず彼女の行方を追っていくと、とあるレストランの奥の一室へ。そこで待つ4,5人の女性 たちに手紙を次々と開封させている。思わずソフィは彼女たちに尋ねると、彼女たちはジュリエット宛に届く愛や恋の悩みをつづった手紙に返事を書いている 「ジュリエットの秘書」をしているという。ソフィはそれぞれの手紙を真剣に読んでは返事を書く彼女たちの姿に心を打たれる。翌日またも秘書たちのもとに訪 れその様子を見ていると、また手紙を回収するから一緒に来ないかと誘われ再びジュリエットの家へ行くソフィ。壁のレンガに挟まった手紙をとろうとしたと き、レンガが抜け落ち、中から古い手紙が出てきた。それは50年前にイギリスのクレア・スミスが書いた「ジュリエットレター」だった。その手紙はヴェロー ナで駆け落ちまでも約束した男性と、その恋愛に反対する両親の狭間で悩む内容だった。ジュリエットの秘書たちは「その返事はあなたが書いてみたら」と勧め る。何度も手紙を読み返し真剣に返事を書くソフィ。そして数日後、ジュリエットの秘書たちのもとに青年チャーリーがやってくる。「おばあちゃんにあんな手 紙を送ったのは誰だ!」ソフィが書いた50年ぶりの返事で、なんとチャーリーの祖母であり送り主のクレアがいきなりヴェローナにやってきたというのだ。そ してついにソフィはクレアと対面する。思わず目を輝かせるソフィとクレア。「あなたの返事で私はここに戻る決心がついたの」と感激するクレア、50年の時を経て年老いてはいるもののそのクレアの美しさ、気高さに見とれるソフィ。一方チャーリーは祖母の体が心配で同行しなくてはならない「とんだ迷惑」と立腹 している。その夜、当時の恋愛のいきさつを語ったクレアにソフィは「その運命の人を一緒に探してみましょうよ」と持ちかけると、クレアもうれしそうに承諾。「50年前の愛」を確かめる3人旅が始まるのだった。

    備考
    • この映画は、舞台となっているイタリア・ヴェローナで実際にジュリエット宛てに届く恋愛相談の手紙に対し、ヴェローナ市のボランティアの女性たちが運営するジュリエットクラブの 「ジュリエットの秘書」たちがそれぞれに返事を書いている事実に基づいている。世界各国から年間5000通も届く手紙は言語も様々であるが、英語、フラン ス語、ドイツ語を含め主要言語に対応している。日本語の手紙に対しては、日本語で返信するという。この映画の影響で、アメリカ公開時(2010年5月14 日)からジュリエット宛の手紙が急増し、従来の8倍である40000通を記録。「ジュリエットの秘書」も増員し対応しているという。
    • ヴァネッサ・レッドグレイヴとフランコ・ネロはプライベートでも長年のパートナーであり、1969年には息子カルロ・ガブリエル・ネロ(イギリスの脚本家・映画監督)が生まれているが、二人が正式に結婚したのは2006年である 。

    キャスト

    役名 俳優 日本語吹替
    ソフィー・ホール アマンダ・セイフライド 小島幸子
    チャーリー・ワイマン クリストファー・イーガン 阪口周平
    クレア・スミス=ワイマン ヴァネッサ・レッドグレイヴ 沢田敏子
    ロレンツォ・バルトリーニ フランコ・ネロ 坂口芳貞
    ヴィクター ガエル・ガルシア・ベルナル 浪川大輔
    イザベラ ルイーザ・ラニエリ
    編集長 オリヴァー・プラット(カメオ出演)
    • その他の日本語吹き替え:魚建/沢海陽子/雨蘭咲木子/薬丸夏子/小日向みわ/高橋里枝/長谷川俊介/かぬか光明/山内健嗣/吉田聖子/菊本平/遠藤大智/茶花健太/楠見藍子

    監督:ゲイリー・ウィニック

    ゲイリー・ウィニックGary Winick, 1961年3月31日 - 2011年2月27日)は、アメリカ合衆国の映画監督、映画プロデューサー。1984年にタフツ大学を卒業する。テキサス大学オースティン校とAFI Conservatoryの両方から美術学修士号を取得する。

    1999年にインディペンデント・デジタル・エンタテインメントを設立する。

    2011年2月27日に脳腫瘍により49歳で死去し、『ジュリエットからの手紙』が遺作となる。

    フィルモグラフィ
    作品名 クレジット 備考
    1986 Punk 製作・編集 短編映画
    1988 カーフュー/戦慄の脱獄囚
    Curfew
    監督
    1991 アウト・オブ・レイン
    Out of the Rain
    製作・監督
    1996 スウィート・ナッシング
    Sweet Nothing
    製作・監督
    1999 The Tic Code 監督
    2001 チェルシーホテル
    Chelsea Walls
    製作
    テープ
    Tape
    製作
    映画に恋する女達
    Women in Film
    製作
    ファイナル・ハザード
    Final
    製作
    Sam the Man 製作・監督
    2002 彼女の恋からわかること
    Ten Tiny Love Stories
    製作
    Personal Velocity: Three Portraits 製作
    Tadpole 製作・監督・脚本
    2003 エイプリルの七面鳥
    Pieces of April
    製作
    Kill the Poor 製作総指揮
    Uptown Girls 製作
    2004 ランド・オブ・プレンティ
    Land of Plenty
    製作
    13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティ
    13 Love 30
    監督
    スライド
    November
    製作
    2005 リターン・トゥー・マイ・ラヴ
    Lonesome Jim
    製作
    Sorry, Haters 製作
    Pizza 製作
    2006 シャーロットのおくりもの
    Charlotte's Web
    監督
    NYカンタービレ
    Puccini for Beginners
    製作 第16回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭上映
    2007 Starting Out in the Evening 製作
    Flakes 製作
    2009 ブライダル・ウォーズ
    Bride Wars
    監督
    2010 ジュリエットからの手紙
    Letters to Juliet
    監督
    ブライダル・ウォーズ

    ブライダル・ウォーズ』(原題: Bride Wars)は、2009年のアメリカ映画。日本では劇場未公開、2009年11月6日にDVD・ビデオ発売(レンタル開始)。

    幼馴染で親友同士のリヴとエマ。二人は偶然に同じ日に婚約し、同じホテルで結婚式の計画を始めた。しかし、ホテル側の手違いで同じ日の同じ時間にブッキングしてしまい、どちらかが式を譲るはめになってしまう。

    NYカンタービレ

    NYカンタービレ』(英:Puccini for Beginners)は、2006年に製作されたアメリカ映画。

    監督は、マリア・マジェンティ。『2ガールズ』に続く長編第2作目。 2007年(第16回)東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(7月15日) にて日本初上映。

    東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 (Tokyo International Lesbian & Gay Film Festival) は、東京で開催されるセクシュアル・マイノリティのための国際映画祭。毎年7月に青山のスパイラルホールで開かれる。

    1992年に中野で開かれた小規模な映画祭が始まりである。その後、吉祥寺を経て、現在では青山で開かれている。映画祭に付随して様々なイベントも開かれる。2004年、2005年の映画祭では、文化庁からの後援を受けた。

    現在では、セクシュアルマイノリティをテーマとした映画祭は世界各地で150以上に上るが、本映画祭はその中でももっとも歴史が古く、大規模なもののうちの一つである。また、期間中はHIV、セーフ・セックスなどをテーマにしたディスカッションやティーチインも行われる。

    2006年は15周年となり、7/8-7/9にはウィメンズプラザ、7/13-7/17にはスパイラルホール(青山)にて開催された。

    2007年第16回では、7/12-16にウィメンズプラザとスパイラルホールで、 2008年の第17回は、例年のスパイラルホールに加え、新宿バルト9でも開催され、映画祭が始まって以来、初の新宿地区での開催となった。

    2009年の第18回は、7/10-7/12に新宿バルト9、7/16-7/20にスパイラルホール、2010年の第19回は、7/9-7/11に新宿バルト9で、7/15-7/19にスパイラルホールにて開催された。

    2011年の第20回は、10/7-10/10にスパイラルホールにて開催された。

    2012年の第21回は、9/14-9/17にスパイラルホールにて開催された。

    シャーロットのおくりもの

    シャーロットのおくりもの』(Charlotte's Web)は、2006年のアメリカ映画。E・B・ホワイトの同名児童文学の映画化作品である。

    人気洋画ランキング