ドッグフードとキャットフードの違い

同じペットフードでも愛犬に与えるドッグフードと愛猫に与えるキャットフードでは、大きな違いがあります。
見た目は同じようでも中身は異なるので、ペットフードだからといって、犬にキャットフード、猫にドッグフードを与えるのは危険です。
ドッグフードとキャットフードの違いは、犬と猫の体質的な違いに因ります。

猫は、遺伝的に体内で「タウリン」を生成できません。
タウリンは、目の健康維持に欠かせない成分です。
食事から摂取する必要がありますが、犬は体内で生成できるので、タウリンを摂取する必要はありません。

また、猫はビタミンAやナイアシン、ビタミンB群などを体内で生成するのも苦手です。
一方、犬はベータカロチンからビタミンAを合成できるので、ドッグフードにはあまり必要がありません。
キャットフードは、ドッグフードに比べると高タンパクで高脂質、塩分も多めになっています。
さらに嗜好性も高く、味の濃いものになっています。
このため、愛犬がキャットフードを食べると、非常に食いつきが良く、ガツガツ喜んで食べるはずです。

普通に考えると、食いつきが良ければキャットフードでも良い気がしますが、先ほど言ったように中に含まれる成分が違い、高タンパクで高脂質ですから、当然肥満の原因になります。
それだけでなく、内蔵機能を害する危険性もあります。

また、猫がドッグフードを食べた場合は、必要なタウリンも摂取できずに、栄養も不十分になります。
目の病気や栄養不足による心筋症などの病気を引き起こす危険性があります。
雑食の犬との違いは、猫は肉や魚を中心にしていることです。
また、体の構造上野菜や穀物の栄養素を吸収できないので、キャットフードから栄養素をとる必要があります。
キャットフードに含まれているタンパク質や脂肪、塩分はドッグフードの2倍ぐらいと言われています。

このような違いを知れば、愛犬にキャットフードを与えるようなことはしないはずです。
キャットフードとドッグフードは、「似て非なるもの」です。
間違っても愛犬にキャットフードを与えてはいけませんよ。