ドッグフードに使われる穀物の種類

多くのドッグフードには肉や魚以外に穀類が含まれています。
穀類は大きく「トウモロコシ類」「米類」「麦類」「豆類」「芋類」「その他雑穀類」に分かれます。

穀類の中でも比較的多く使用されているのが、「トウモロコシ類」です。
「トウモロコシ」と表示されているものは、トウモロコシの表皮を取り除いて細かく砕いたものです。
「コーンミール」や「コーンフラワー」とも表記されています。
炭水化物とタンパク質が含まれていますが、ワンちゃんには消化が苦手な穀物です。
また、トウモロコシ由来の原材料からデンプン質を取り除き加熱加工したものが、「コーングルテン」や「コーングルテンミール」と表記されたもので、トウモロコシよりは、消化がしやすくなっています。
さらに、人間用のコーンスターチやコーン油などの絞りカスを乾燥させたのが、「コーングルテンフィード」です。
ドッグフードの嵩上げ用に使用されているのが実態です。

炭水化物の補給用として使われるのが「米類」です。
「米」「うるち米」と表記されていますが、人が食べるものよりは品質の低い物です。
また、プレミアムドッグフードなどには「玄米」が使われている場合もあります。

「麦類」には、「小麦」「大麦」「オーツ麦」などがあります。
ドッグフードの穀類の中で最も多く使われているのが「小麦」です。
「小麦」と表記されている場合は、「小麦粉」のことです。
また、小麦からデンプン質を取り除いたのが、「小麦グルテン」や「小麦プロテイン」です。
愛犬は、この小麦グルテンを消化することが苦手です。
大麦は小麦よりもグルテンが少ないので、比較的ワンちゃんのお腹には優しい穀類です。
また、小麦アレルギーのワンちゃんの代用として使われるのが「オーツ麦」です。

肉や魚よりも安価でタンパク質がとれるのが大豆などの「豆類」です。
食用油を絞った後の大豆である「大豆ミール」や豆乳の搾りカスの「おから」が原材料になります。
「芋類」は、ジャガイモやスウィートポテトが原材料で、炭水化物をとる目的で使われています。
「その他の雑穀」としては、グルテンを含まない南米産の「キヌア」や「ソルガ」があります。

ドッグフードの穀類に関しては、消化不良やアレルギーなどが問題視されています。
特に小麦やトウモロコシ、米などには注意が必要です。
最近では、これらの穀類を含まない「グルテンフリー(穀物不使用)」ドッグフードが注目されています。
価格は高めですが、アレルギーなどの心配があるワンちゃんにはオススメです。