人が食べても大丈夫?

愛犬のドッグフードを食べたことはありますか?ほとんどの人はその経験はないでしょうが、時々食べた経験をサイトに掲載している愛犬の方もいます。
良く聞かれる感想としては、「美味しくない」というものです。
しかし、そもそもドッグフードを人が食べても大丈夫なのでしょうか?

日本で販売されているドッグフードは、「ペットフード安全法」によって農薬や添加物の使用が制限されています。
安全な気がしますが、人が食べる食品と比べるとその基準はかなり緩いものになっています。
人の食品では使用が禁止されている添加物が認められていたりするのです。

特に原材料については、大きな問題があるドッグフードも少なくありません。
特に格安ドッグフードは要注意です。
原材料が「○○ミール」と記載されているものは、肉類でも人が日常に食べない部位(骨や爪、血液)が使われています。
これは、人だけでなく愛犬にとっても良いものではありません。

また、消費期限が1年以上あるものも要注意です。
消費期限が長いということは強力な保存料が使われている証拠です。
愛犬や人の健康に良い影響は与えないでしょう。
継続的にドッグフードを食べる人はまずいないでしょうが、愛犬でも継続して食べることで保存料の毒性が蓄積されてしまうので、危険です。

そもそも、人と犬では体質が違います。
雑食の人間は穀物を消化できますが、元来肉食の犬は、穀物を上手く吸収できません。
愛犬にはアレルギーの原因になるものも含まれているので、どんな穀物が含まれているかが重要になります。
穀物はドッグフードの嵩上げに使われることがあり、人にとっては栄養不足になります。
格安のドッグフードは、人が食べるものではないと思った方が良いでしょう。
最近のドッグフードでは、「人が食べられるレベル(ヒューマングレード)」のドッグフードも販売されています。
人が食べるのと同じ部位の肉を使い、危険な添加物を一切使用していないドッグフードです。
このレベルのものであれば、人でも安心して食べることは可能です。

但し、犬と人では「美味しさ」の感じ方が違いことを理解して下さい。
犬は人間のように味覚は発達していません。
美味しさは食感と匂いで感じます。
ですから、「ヒューマングレード」であっても、人が美味しく感じるものではないのです。
愛犬には愛犬の嗜好に合ったものを選ぶのがベストですよ。