素材にこだわるとペットに影響する?

ドッグフードを購入する時、どうような観点から選んでいますか?「ワンちゃんの好きそうなもの」という曖昧な判断で購入している人は多いはずです。
世の中には数多くのドッグフードが販売されています。
最近では「ドッグフードジプシー」という言葉も誕生しています。
特定のドッグフードを決めずに、新しいドッグフードを次々に買っている飼い主のことです。
きっと「ドッグフードに変わりはない」と思われているからでしょう。

多くの日本人は、日本の食は安心安全だと思っています。
確かに人が食べる物に関しては管理がしっかりしているかもしれません。
しかし、ペットフードに関しては素直に「安全」とは言い切れない部分があるのです。

「ペットフード安全法」により農薬や添加物の使用が制限されていますが、欧米に比べるとまだまだ緩い部分があり、原材料に対する考え方も、ペット先進国のドイツなどとはかなりの隔たりがあります。
愛犬の健康を真剣に考えるのなら、ドッグフードの素材にもこだわる必要があるのです。

ドッグフードの素材の良し悪しは、愛犬の体調にも大きく影響してきます。
例えば、粗悪なタンパク質のドッグフードは、毛並みを悪くします。
特に穀類が多く含まれているドッグフードは要注意です。
また、「ミートミール」などと表示された原材料のドッグフードは、粗悪な肉類が使用されています。
便秘などを引き起こす原因にもなります。

また、素材によっては様々なアレルギーの原因にもなるので、ドッグフードの材料にこだわることは大切です。
市販されているドッグフードの多くは、愛犬の嗜好性を高めるために香料などの添加物も使用しています。
その中には健康を害するものを少なくありません。
また、見た目を良くするための着色料の中にも危険なものがあります。

美味しくても、体調を崩してしまっては、ワンちゃんだって嬉しいはずはありません。
愛犬が快適に暮らせるためにも、飼い主がドッグフードにこだわることは当然のことです。
ドッグフードの宣伝に左右されるのではなく、愛犬にとってより良いドッグフードを見つけることが大切です。