くいしんぼうな犬も満足するドッグフード

愛犬の食欲が旺盛なのは、決して悪いことではありません。
基本的にワンちゃんは「くいしんぼう」です。
特に多頭犬の中で育った犬には、くいしんぼうが多いようです。
エサにありつけたら早く食べなければなくなってしまうという不安から「早食い」も多くなります。

早食いのワンちゃんは、お腹の空くのが早くなり、その分くいしんぼうになってしまいます。
くいしんぼうな犬で注意しなければならないのは、「肥満」です。
1日に必要なカロリーをオーバーしていれば、当然肥満犬になってしまいます。
肥満になれば、その分色々な病気のリスクも高まります。

肥満を防ぐためには、低カロリーのドッグフードがオススメです。
但し、満足しないからといって1日の適正なドッグフード量を超えて与えてはいけません。
愛犬の満足感を与えるために、茹でたキャベツやニンジンなどをトッピングして量を増やしてあげるのも効果的です。

また、早食いを防ぐ対策として、突起物のついたボウルを今までの皿と取り替えてみるのも良いでしょう。
突起物が邪魔して早く食べることを防止するので効果はあります。

このように、ドッグフードなどを工夫することも大切ですが、やはり、「しつけ」も重要です。
くいしんぼうなワンちゃんは、「盗み食い」や「拾い食い」をしがちです。
特に拾い食いは、道で落ちている物を平気で食べてしまうので、万が一毒になるものを入れてしまったら大変なことになります。
必ず、飼い主が「ヨシ」と言うまでは食べない、というしつけを身につけさせることです。

まずは、「待て」のしつけから始めましょう。
ドッグフードを目の前にして待つことができるようになればOKですが、この時大切なことは、飼い主とのアイコンタクトです。
飼い主の目を見つめながら、飼い主の「ヨシ」という声を待つことが重要です。
つまり、常に飼い主を意識させることです。
これが出来るようになれば、道端に落ちている食べ物を飼い主の許可なく食べることはなくなります。

くいしんぼうの愛犬を満足させるには、それなりのしつけとドッグフードの与え方に対する工夫が必要です。
「わがまま」を放置するのではなく、飼い主としてきちんとした対応を心がけるようにして下さい。