タイプ別ドッグフードの選び方

ドッグフードには、大きく「ドライタイプ」「ウェットタイプ」「半生タイプ」の3つの種類があります。
ドライタイプは、「カリカリ」とも呼ばれるもっとも多く愛用されているものです。
ドライタイプのドッグフードは、水分含有量が10%以下のもので、栄養バランスに優れています。
水分含有量が1%以上になると腐敗しやすくなるので、ほとんどのドライフードは10%以下に保たれています。
長期保存が可能で、種類も豊富です。

ウェットタイプは、水分含有量が75%以上のドッグフードです。
噛み心地が良く風味が愛犬の食欲をそそり、愛犬にはご馳走です。
腐敗を防ぐために密封性の良い缶やレトルトパックに入っています。

半生タイプは、セミモイストとも呼ばれ、水分含有量が25%~35%になっています。
少量ずつ小分けになっているものが多く、しっとりとした食感でドライタイプとウェットタイプの中間的な存在です。

では、この3つのタイプのドッグフードは、どのように選べば良いのでしょうか?
健康なワンちゃんのメインの食事としては、栄養のバランスが良いドライフードを選ぶのが一般的です。
但し、ドライフードの中には質の悪い原材料や危険な添加物が入っているものがあるので、注意が必要です。

ウェットタイプのドッグフードは、水分が多く含まれているので子犬や脱水症状を起こしやすい愛犬や歯が弱くなりドライフードでは食べにくい愛犬にオススメです。
また、嗜好性が高いので、食欲がなくなった場合に与えるのも効果的です。
但し、高タンパクで高脂肪のものが多いので、与えすぎは肥満の原因になります。

半生タイプも愛犬には食感が良くなっています。
但し、ウェットフードのように商品が豊富ではないので、気に入ったものを選ぶのが難しいかもしれません。

ウェットタイプも半生タイプも腐敗しやすいので、保存には注意が必要です。
愛犬の体調や状態に合わせて、ドッグフードのタイプを上手に使い分けることが大切ですね。